HOME

筑波大学超伝導量子デバイス工学研究室では、高速・高感度・高密度・位相敏感を実現する量子デバイス、特に超伝導体の量子物性を応用した超伝導量子デバイスについて研究を行っています。

物性工学とデバイス工学を基軸として、超伝導体などの特異な量子物性を追究することで生まれる量子デバイスの創製や、機能性の高い新規材料の実現を目指します。従来の超伝導体材料のみならず、高温超伝導体、鉄系超伝導体、トポロジカル量子物質などの開発にも重点を置いています。

社会が求める技術シーズを念頭に、利便性の高いデバイスや高機能材料の開発を行います。最先端の物質科学分野を先導する知的フィールド形成に貢献すると同時に、教員や学生といった立場を越えた賑やかで楽しい研究活動を行っていきたいと考えています。

研究内容の詳細はこちら → RESEARCH
研究業績リストはこちら → PUBLICATIONS
最新情報はこちら 
NEWS

 

超伝導体単結晶作製用の赤外線イメージ炉
テラヘルツ波検出用GM式冷凍機システム

 メンバー募集中! 

当研究室は文部科学省-筑波大学テニュアトラック普及・定着事業の支援を受けて発足しました。見学、配属、共同研究等については、筑波大学数理物質系の 辻本学 までお気軽にご連絡ください。

ロゴマークについて

当研究室は次の組織に所属しています。

  • 筑波大学/理工学群/応用理工学類
  • 筑波大学大学院/数理物質科学研究科/物性・分子工学専攻
  • 筑波大学大学院/理工情報生命学術院/数理物質科学研究群/応用理工学学位プログラム/物性・分子工学サブプログラム